困った病気になっちゃったひとりぼっちな人のために


by ombres

<   2010年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

秋刀魚の季節

午前中はお世話になっている業者さん巡り。担当者ではなく、何でも私に連絡してくる業者さんが多いので、「ちょっと担当を外れるんですよ」と説明し、普通にそれぞれの担当者を窓口としてくれるようお願い。暑い。駐車場の推定気温は43度。

部下の里子先が決定したので、それぞれの上司に個別に事情説明。皆、驚くが、「変な噂になるとかえって面倒だから、ちゃんと説明した方がいいと思います」と、ボスの判断を支持。「とりあえず、治療に専念してください。出来る事は何でもしますから」と励まされる。

私のチームのスタッフを、それぞれ今までどういう育て方をしてきたか、どういうキャリアを伸ばして欲しかったのか、本人の希望はどうなのか、スキルは付いてきているのか、簡単に説明。それぞれ、来週、個別ミーティングしてもらう事に。

ところで、いつもオヤジギャグ飛ばすWさんがいる。大らかで、でも厳しい所は厳しくて、頼りがいのあるオジサマだ。そのWさんってば、人がせっかく真面目に話しているのに、

「いや、ガンなんて、どこにでもいるからね、今では。ほら、中国のKさんって知ってるでしょ?」

と、突然。
Kさんは中国のスタッフ。日本に研修に来てたり、私が中国に行くと会ったり。Wさんは中国も見ているので、Kさんの上司だ。

「Kさんの奥さんもね、去年かな、ガンで大変だったんだよね。学校の先生だったんだけどね。相当酷い状態でね、だからKさんも大変だったんだよ。でもね、奥さん、もうすっかり元気になってるんだよね」

そうか…。Kさん、大変だったんだなあ。と、しんみり。
でも、奥さん、元気になって良かったですよね。

「ほら、中国の医療ですら、ガンでも元気になるんだからね~。中国だよ、中国。日本の医療なんて、それに比べたら、ねえ?だから、全然心配ないよ!」

…。
ちょっと、Wさん…。

笑わせようとしてくれていたのか、真面目なのか不明。でも、思わず、笑っちゃった。まあ、確かに、中国のセンターで私達は目を疑うような驚愕な事象をいくつも見たし、ほとほと困った事もあったし、あり得ない事も多かったけどさ。北京から、車でほんの30分なのに、地面に穴だけが空いてるトイレで、お尻だして用を足しながら、世間話している人達とかさ。でも、中国には中国で、4000年の歴史の漢方とか、よく判らない謎医学があるような気もするんだけど。


夜になってから、部下に説明。
1人1人、呼んで。事情と今後。
男女漏れなく泣かれる。だから、イヤだったんですが、もう走り出したものは仕方ない。

若い人には、「ガン」と言うと、「爺ちゃんがガンで死んじゃいました」くらいの知識しかないから、やはりイコール「死」で、悲しい気持ちになるのだろう。

「あのね、ガンって言っても、大した物じゃないの。全然死なないから。泣いてるヒマがあったら、仕事に励んで、私が戻ってくる時には、『使え過ぎて、もう返したくない』って言われるようになっといてくださいよ。まかり間違っても、『ほんと、使えない。XXさん(私)って、一体今まで何やってたんだ?』何て言われるのは、ごめんですからね」

と、叱咤激励。
部の業務を専門にしている人って、日本には殆どいない。さらにその中で英語できる人は皆無に等しい。うちの業務は本国に直結している事が多いので、英語できないと、結構辛い。仕方なく、英語は得意だけど何の背景もない新人をもらって、私の好きなように育てた。だから、この会社で、彼らは私しか上司を知らない。彼らは別の企業での社会人経験はあったけれども、氷河期の派遣社員だったりで、まともに社会人としての教育を受けていなかった。もう会社が若い人に先行投資しなくなってからの社会人だ。不景気の犠牲者。メールの出し方、失礼でない断りの文面、相手の気分を害さない強気な交渉の仕方、タイムマネージメントなど、普通の社会人なら当然習得しているだろうと思われることがスパーンと抜けていたりして、苦労したこともあった。でも、素直で知識をよく吸収して、立派な社会人になってきていた。(人は植物のように、適度に肥料や水や日光を与えれば、すくすくと育つのに、社会がケチになってその機会を与えないのは悲劇だ。)

他人の下で働くということは、まずその人を理解する必要がある。そして、その人に対して一番最適なコミュニケーションの仕方を模索する必要がある。そして、実際に自分の伝えたい事がきちんと伝わっているか?相手の言いたい事を自分はきちんと理解しているか?効果測定しつつ、コミュニケーションをきちんと取っていく必要がある。等、社会人として、とても勉強になるんだよ。と説明。そして、それは経験でしか身に付かないから、良い経験と思って、よその家の子ライフをエンジョイしなさい。と話す。

かなり偉そう。
自分がそれをちゃんとできているかどうかは、かなり微妙。


傷ついた皆さんの心のケアのため、皆のお気に入りに和食定食屋でディナーをご馳走する。

秋刀魚焼き定食、串カツ、エビフライ、枝豆、サラダ等。ここでも、「肉やアブラ物を控えて健全な食生活うんぬん」と偉そうに宣言していたことを遠く思い出す。でも、秋刀魚、美味しい~。今年は不漁って聞いたけど、油乗ってて、美味しい。&大根おろし、最高。日本人でよかった。

食欲の秋ですねー。(もうすぐ)


情報収集でお世話になったリンクとランキングです。
↓今日の書き込みがおもしろかったら、クリックしてやってください。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by ombres | 2010-08-20 00:00 | 仕事のこと

人に話す勇気

関西に出張中のボスと今後の事について、再度、話。人事担当者も関西に来てくれる。部下たちを誰に里子に出すか決定。今後のプランについて。いつ、どのような形で私の長期休暇&その後の在宅勤務を説明するか。

私は、「家庭の都合で」で休みたい。人事もそれに賛成。
でも、ボスには別の考えがあった。その日は、ボスはいきなり全部英語だった。

「それって、臭いものにフタだろ?日本的な。それで平気なの?」

え、日本的じゃダメですかね?
ローマではローマ人のようにしろとも言うし、私、日本人ですし。

ボス曰く、実は、ボスのお父さんはガンで亡くなった。姉妹も乳がんだけど、手術したくないので抗がん剤や色々な治療を何年もやっている。典型的なガン家系。だから、ガンのことはよく判る。すぐ死ぬようなガンじゃない。治療に2年、3年かかってもいいし、逆に気長にやらなきゃダメだ。体調悪かったら在宅したり、休んだり、体調良かったら、会社に来て様子見たり、皆と話して気晴らししたり。そのためには、病状はこうで、今後はこうだとマネージメントミーティングで皆にちゃんと説明しろ。サポートが必要な時に助け合うのがチームだ。お前には、「私はガンよ。だから何?」と毅然として、チームの一員として続け、皆にその背中を見せてやって欲しい。

…ちょっと、ナニ、マネージメントミーティングで説明って?

人事担当者「日本人はそこまでガンに対して成熟していないので、まだガン=死ぬ。だから、病人に腫れ物扱いしたり、何もやらせなくなったりしてしまう。発表したら、居づらくなってしまうのではないか?」

ボス「成熟さがないなら、成熟しなければならない。ここはアメリカの会社で、アメリカでは病気になると、皆、そうしている。本人が説明義務も果たすし、必要なサポートはこうだとはっきり言う。皆がそれに応じてサポートする。皆、誰だって病気になる可能性があるのに、それすらサポートし合えない組織は、『チーム』ではない。俺は、自分のチームにそれを学んで欲しいし、ここはそういう会社なんだって判らせたい」

…まあ、仰る事は確かに正論で理解できるんですけどもー…。

ボス「家庭の事情だなんて言って、しばらく休んでも、そのうちきっと変な噂になる。そしたら、逆に説明も面倒になるし、ストレスになるし、仕事もし難くなってしまう。だから、自分の口できちんと説明しておいた方がいい。お前が治療したい&仕事したいというなら、いつまでもサポートするし、お前が『治療イヤになったから、もう樹海行きたい』って言っても、冷たいようだけどそれはお前の人生だから、俺はそれでもいいと思ってるんだよ。だけど、お前もリーダーなんだから、ちゃんと皆に説明して、やって行くという勇気を見せてやってくれ」

…勇気。
私とは無縁のもの。

「誰にもガンだって言わないで、仕事を続けて、強いね」

亡くなったガン友Aさんが、メールでそう言った。彼女は肺がんだった。

Aさん、違うんだよね。私は弱いの。だから誰にも言いたくないの。誰にも心配されたくない。自分の事でその人が心を痛めるだろうとか、悲しむだろうとか思ったら、実際に悲しまれたら、泣かれたら、もうとっても辛い。

だから、言わない。知らせない。甘えない。その方が楽なの。強くないの。弱いの。すごくズルいの。向き合わないの。

ずっとそう思ってきたんだけど、Aさんには、「そうだよ。強いんだよ。Aさんも大丈夫、人間って、案外強いものなんだよ」と、Aさんが亡くなるまで、また意味不明な励ましを続けていた。…と、遠い記憶が蘇ってくる。


ボス「あとさ、どういう言い方がいいのか判らないけど、回りの人間に後悔させるような選択はするなよ」

ボスが何を言ってるのか、何となく判った。スタッフのLさんを思い出した。

ある日突然休み始めた。公式なコメントはなかった。どうしたんだろうね?と言っている間に、別人のように痩せた姿で現れて、それでも事情説明がなくて、「ガン?」「足が痛いって言ってた」「足が痛くて膨れたけど、筋肉痛かと思ってマッサージしてたって」と噂が広がった。彼は、x-boxで会社の皆と良く遊んでいた。オンラインになってないかな?気晴らしで遊んでないかな?とチェックしても、全くその形跡はなかった。

しばらくして、最初の公式コメントが、「残念なお知らせです」だった。それでも、病名の告知はなかった。

ガンじゃないか?って判った時、コンタクトしたかった。励ましたかった。私もガンだけど、大丈夫だよって言ってあげたかった。

大丈夫だよ。治るよ。元気になって、仕事に戻れる。皆、待ってる。抗がん剤、キツいよね。焦らなくていいからね。

…役には立たなくても、言ってあげたい事、やってあげたい事はたくさんあった。もし入院していたなら、気分が晴れるような差し入れをしてあげたかった。

でも、彼は理由を明らかにしないで休み、一人で亡くなって行った。人事と彼の上司しか本当のことを知らなかった。それが、本人とご家族のご希望だったのかもしれないけど。


私もいつか、死ぬ。
どうせ死ぬなら、回りの人に、「色々やってあげたよね」「やるべき事はやってあげたね」と、満足させて死ぬというのも、死ぬ人の責任の一部なんだろうか?残された者は、それでカタルシスを得られるんだろうか?


…あーあ。
仕方ないな。
そういえば、確かに、本社の誰かも白血病だって発表あって、皆でお見舞いの寄せ書きとかしたっけな。すっかり元気になって戻ってきて、また活躍しているから、すっかり忘れていたけど。

あーあ。
最初にガンになった時の会社もアメリカの会社だった。
でも、ちゃんと説明して、社会人的に良いことは一つもなかった。
…と、思って、逃げ出して転職しちゃったんだった。

あーあ。
こうなったら、また言うよ。ちゃんと皆の前で。「ガンですよ。でも、大した事ないから心配要らない。しばらくサポートお願いね。皆も、健康には気をつけてちゃんと検査してね」って。

で、見せるよ。ガン女としてのイキザマを。ヅラでも会社行くよ。あちこち痛くなっちゃって、杖ついても行くよ。やせ衰えちゃっても行くよ。自分から逃げないで、「もう、来るな」って言われるまで行くよ。そして、皆に見せるよ。ガンで仕事を続けるって、どういう事なのかを。


今までだって、やってきたんだし、これからだって、きっとできる。
やるよ。仕事ないと困るし。


しかし『樹海』ってナニ?
ボスにとっての自殺=樹海なのか?


あーあ。
仕方ないから、マシなカツラを買おう。
適当でいいやと思っていたけど、どうせなら、「全然、ガンには見えないね」って言わせたい。綺麗に痩せるよう筋トレもして、お洒落もせねば。「あの人、見るからにガンっぽいね」とか言われたら、ムカつく。


でも、ちょっと仕事はスピードダウンしたい。マジで。


情報収集でお世話になったリンクとランキングです。
↓今日の書き込みがおもしろかったら、クリックしてやってください。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by ombres | 2010-08-19 00:00 | 仕事のこと
朝、7時から本社連中を交えて電話会議。パソで会社のファイルにアクセスして、調子よく説明していたのに、電話が途中で切れる。携帯の電池切れ。充電器を忘れて充電できず、間抜けな大ピンチ。

仕方ない。ホテルの固定電話使おう。
同じ会議に出席しているチームのT君に「テレカンのフリーダイアル教えて」とメール。T君、速攻で、有料の本社の電話会議回線番号送ってくる。いや、だから、「フリーダイアル教えろ」って書いたのにどーいうことなのかしら?

…ああ、T君はたぶん、いつもデスクからで、携帯からテレカンに入った事ないから、私の質問が意味不明なのだ。一刻を争うのにコミュニケーション不全でピンチ。

じゃあ、有料の本社の電話会議回線。そこに国際電話するしかない。しかし、最近、固定電話で国際電話かけたことがないので、かけ方が判らない無知によるピンチ。

あわわ。電話のディレクトリーに国際電話のかけ方載ってるんじゃないのか?と探すけど見つからない。フロントに聞いて、電話かけ成功。会議も無事終了。仕事と全然関係ないところで疲れた。

出社して、業者プリゼン3連発。プリゼンの聞き方というか、要点のチェックの仕方や特に注意すべき点などをチームの皆さんとおさらい。

まあ、何かいい感じ。
仕事終わって、食事。本日はチームのDさんを誘う。いつものイタリアンへ。夏休み。仕方ないので、いつものラーメン屋さんで、冷麺と餃子。

何か足りなくて、その後、ホテルの最上階のラウンジバーでちょこっと飲み。ナッツ、チーズ盛り合わせ、野菜スティックに、ギネスにバーボンにウォッカのカクテル。一応、気にして一杯だけ。でも、チーズ食べちゃった。食生活を改善してどーのこーのと宣言していたことが、遠く思い出された。

ここでも仕事の話。話題のない二人。もっと胸躍る話題はないのか?
職場でのちょっとしたイザコザや仲悪い事件を聞く。Dさんは元官僚。現場のたたき上げの組合が強くて、いい加減で、キャリア上司を苛めたりとかすごかったとのこと。公務員に組合なんてあったのかあ。

何で職場でいざこざやイジメとかまであるのか?上司ガン無視とかまであるという。大人げないにも程がある。いくらダメな上司だからって、ガン無視はないよ。相当ヒマなんだからと思う。名前の挙がった該当の部の仕事のバランスをこっそり見て、追加してしまう作戦はどうか?仕事に忙殺されていたら、ほかの事考えてる暇なんてないし。



情報収集でお世話になったリンクとランキングです。
↓今日の書き込みがおもしろかったら、クリックしてやってください。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by ombres | 2010-08-18 00:00 | 仕事のこと

脳MRI

朝、新幹線で関西へ。
業者さんとちょこっと打ち合わせを午前中にしてもらって、午後、外部クリニックで脳MRI。検査前4時間・絶食。

…「脳なのに?」

造影剤で気分悪くなっちゃう人もいるので、とのこと。お腹すきました。

造影剤を入れる前と後との撮影をする。機械が煩い。…しばらくMRIやってなかったので忘れていた、この煩さ。ヘッドフォンをしても聞こえる木魚のような「ポンポン」という音に「ジジー」「ガガー」の意味不明な騒音の三重奏。そこに「ウィーン」というモーター音のようなハーモニー。何かの共通原則を見出そうとするが、何も見つからない。でも、造影剤やると、いつもの事ながら体がジワーっと温まって、何となく気持ちよく、危うく寝そうになった。撮影自体は30分ほど。

撮影後のCDとフィルムをもらうのに1時間半から2時間くらい待つというので、クリニックのあるビルのレストランで、「ヘルシーランチ」を食べる。白身魚の湯葉巻きで、クリームソースっぽいのに、実は白味噌仕立て。ヘルシー気分一杯。デザートにキーウィのソルベまでいただいて、お茶してもまだ30分ちょっとしか経ってない(基本、時間勝負職場で身に付いた早食いなので、意識してゆっくり食べてもまだ早い)。受付に声かけて本でも読んでいようかとソファに座ると、「CDもフィルムも、もうできてます!」と呼ばれた。

うーん、早い。
早いってことは、画像診断する人が書くコメントも、細心の注意を払う必要もほとんどないので、「全く何でもない」か、「うへー、もーどーしようもない」かのどちらかと推測する。渡された封筒をズルして覗き見しようとするが、封がされているので、そのまま諦めて大学病院へ。

主治医先生のチームメンバーの先生とまず、お話。

脳MRIの結果:異常なし。
骨シンチの結果確認: 異常なし。
骨盤の両方が暗く映っている感じがしたが、骨転移はそういう出かたではないので、別の原因だろうとのこと。まあ、MRIやれば原因がよく判ると思うが、まあどーでもいいんじゃないか、という感じ。

夕方まで待って、主治医の先生とお話。今までの疑問を確認してみる。(たぶんこんな内容)

Q. まだ体力があるうちに強い薬で、再発癌を完膚なきままに叩きのめすという戦略はどうか?

A. 6年寝ていた癌なので、おそらくとてもおっとりした性格。強い薬で叩くと、一時的に小さくはなるが、全く別の性格でリバウンドして現れてくる事が多い。そうなると、癌の性格も変わっていて、スピードも速く、打つ手がなくなってしまう。癌の性格を変えてしまうような強い治療ではなく、騙し騙し、また大人しくさせるような治療が良い。

Q. 放射線で、焼いてしまうというのはどうか?

A. ダメダメ。

Q. 手術で取ってしまうのはどうか?

A. こんなに散っているので意味ない。

Q. 今まで、黄体ホルモン分泌刺激ホルモン抑制剤(LH-RHアゴニスト製剤)(リュープリン)と抗エストロゲン剤(ノルバテックス)で治療してきたが、もう閉経しているのではないか?

A. 数値を見ると、薬剤で閉経状態にしているという典型的なパターン。リュープリンを止めると、即、閉経ではなくなる。

Q. 薬剤閉経状態で、アロマターゼ阻害剤の選択はなしか?フェマーラやりたい。

A. たぶん行けると思う。使う場合は、フェマーラ。でも、リュープリンとノルバ&ゼローダの効果がある程度あったと判断するので、リュープリン&ノルバは継続。何もかも変えてしまわずに、フェマーラは後から出すカードとして、取って置いた方がよい。

Q.  ゼローダはどの程度の量を飲めばいいのか?

A.  一回2100mgX2とか。エンドキサンはたぶん100mg。

Q.  エンドキサンで、またハゲ?

A. それと判るようになる。ならない人もいる。

Q.  来週からハワイ行ってもいいでしょうか?

A. ぷっ(笑)。

データをCDでもらって、引継ぎ資料も作ってもらって、先生にもチームの皆さんにも「また遊びに来てくださいよー」と送り出してもらう。

先生、ありがとうございました。私の命は、先生に存えさせてもらったもの。先生以外に診てもらっていたら、たぶんとっくに死んでました。これからも大切にして治療に励みます。

先生は、仕事を続けなければならない私に、治療と両立できるよう、抗がん剤のペース等、色々考えてくれた。抗がん剤治療中のヅラ転職に悩んだ時には、「治療は大丈夫だから。キャリアアップになるなら、転職を諦める必要なんて全くない」と背中を押してくれた。今の私のキャリア(そんな大した物ではないけど)があるのも、先生のお陰。先生のお陰で、いつでも何とかなると気楽に生きて来られた。私は先生が大好きだし、先生の論文も大好きだし、先生を100%信頼してきた。先生に診てもらってダメなら、他のどんな先生に診てもらってもダメだろうと、鉄壁の信頼を持ち続けて治療ができたのは、本当にありがたいことだった。

出戻り病院は先生の古巣で、先生の仲良しL先生が今は部長先生。とても穏やかで優しい先生。そこは私の古巣でもあるので、他にも知っている先生や看護士さんがいる。何となく、実家に帰る気分。最初の治療は長くて面倒だったけど、ゲームをクリアしていく感じで楽しかった。今まで診ていただいていた先生と離れるのは、ちょっと不安だけど、また楽しく治療ができるといいな。L先生、よろしくお願いします。

夜は、ファラフェル。日本で美味しいファラフェルを出す店を2軒見つけた。ここと、赤坂のピタ・ザ・グレート。患者友Jさんが、偶然京都の大文字焼き見に来ていたので、久々の再会。

癌になったとき、私は現代医学を、Jさんは免疫アップやヒーリング療法を選んだ。Jさんの小さかった癌はしばらく特に暴れることもなかったのだが、徐々に大きくなり、去年、皮膚からニキビのように出てきてしまって傷となり、そこからの出血が酷くなった。貧血状態が酷いので、入院した。しかし、放射線と漢方でまた小さくなり、その状態を維持しているという。話を聞いて色々びっくり。

そんなこんなで仕事が全くできなくなっていたのが、来週から週に数回、大学教授のアシスタントのバイトに復活するという。おめでとー。彼女へのお祝いのお食事会にした。去年、彼女が入院したり大変な時に、大阪に長期出張でお見舞いにも行けなかった事が、心に痞えてもいたので。お互い元気で頑張ろうと誓い合って別れ、そのまま大阪へ。

彼女は、収入がない間、実家からの仕送りで生活しているとのことだった。

悩みは、そこ。自分で働けないと、今までの蓄えを切り崩して行くしかない。それが終わると、誰かを頼るしかない。実家に援助できる力があればいいのだけど、それが期待できない場合、自分で何とかするしかない。もしくは生活保護?

独身者は大変だよなあと思う瞬間。まあ、独身だけに限らず、お金の事は誰でも大変で切実なんだけれども。頑張って貯金しますか。

外部クリニック
MRI: 7,740円
CD-R代: 1,260円

病院
診察代(別病院への引継ぎ資料、CDも含む): 960円


情報収集でお世話になったリンクとランキングです。
↓今日の書き込みがおもしろかったら、クリックしてやってください。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by ombres | 2010-08-17 00:00 | 検査

デスクが汚い女

駐車場(日陰)から、会社の正面(日向)に向かうまで、アスファルトの照り返しもあり、推定気温42度。暑いにもほどがある。

業者さんのプリゼン2連発にミーティング。その間にデスク回りの片付け。「きっといつか使うだろうなあ」と思っていたけど使わなかった資料とかシュレッダーの箱に。珍しく真剣に整理整頓する。なぜなら、万が一、このまま復職できなかったら、私は、「デスクにカップラーメンのストックが積み重ねてあった女」「菓子の袋が散らばっていた女」「修正液ペンを無意味に5本も溜め込んでいた女」と、非常にネガティブなイメージで人々の記憶に残る事になってしまう。それだけは避けたい。

「汚いデスクはダメな心の表れ」だと思うから、いつもきちんと整頓されたデスクを心がけていた…。けど、忙しさの余り、いつしかメチャクチャになってしまっていた。埃もすごい。

…さらに色々な物が出てくる。「きっといつか何かに使うだろうなあ」と思っていたけど全く使われなかった、空き箱、缶、リボン、ひも、ハギレ、包装紙、チラシ、古いカレンダー、意味不明のメモ等。お婆ちゃんの溜め込み風味? 全部捨てます。

明日は関西の病院。
外部クリニックでMRI撮ってデータもらって、病院行って骨シンチの結果も確認。

もうこうなったら何でも来いって感じ。何が出ても驚かない。どーんと行くしかない。ついでに転院のお願い。3ヶ月に一度だったら良かったけど、ケモであそこまで通うのはやっぱりムリだ。ちょっと寂しい。通院のついでに、年に4回、京都で遊んだ。友達と泊まりで出かけ、桜や紅葉を見たり、錦市場で買い物したり、美味しい物食べた。ずっとずっと、このままで、このペースで通っていたかった。けど、おしまい。先生、お世話になりました。データをCDでもらえるよう、親友Tが画策してくれた。

病院で、話が済んだらその後は、ちょこっと地元の業者さんと打ち合わせして、夜は偶然京都に遊びに行ってる乳がん友Jさんとご飯の予定。その後、大阪へ。水曜日は朝7時から本国チームと電話会議。日本の担当者が英語余り得意ではなく、捨て犬のように潤んだ目をしていたので、援護射撃のため入ることにした。朝早いのでホテルから。それから大阪のセンターに出社し、現地の業者さんプリゼン3連発。この日は、早めにあがって、いつも行くイタリアンでも行こう。木曜日は、業者決定して、承認とって、発注かけて、しばらく自分がいなくなっても関西のプロジェクトが回るよう調整して、夜、東京帰ってきて、転勤する元欧州企業の友人のお別れ会。

病気になってから、体力温存するようにしていて、普通、余り予定は詰めないし、出張の後に遊びは絶対に入れないんだけど、今回は特別。もういつ会えるか判らないんだし。(ここで、「私は死ぬかもだから、もう二度とないかも的アクティブ・モティベーション」を発動させる)

転勤しちゃう彼女は、私の抗がん剤&ヅラ時代、一番近くで働いていた。観察力も優れていたので、もしかしたらヅラだと気付いていたんじゃないかと思う。どう思っていたのか、一度も尋ねてないし、本人もそんな事は口にしないから判らない。でも、たぶんね。眉毛や睫毛もないんだし、ちょっと変だって思うよね。なんとなーく。

でも、まあ、身内や自分の「抜けザマ」を間近で見ていた人でないと、そこでいきなり「抗がん剤かも?!」なんて推理はしないか。…そう考えると、他人には案外バレないものなのかもな。

いや、そうではない。私の病人生活は、自分ひとりが頑張ってきたようなつもりになっていたけど、実は、良い人たちの善意でこっそりと支えられていたのかもしれない。きっとそうだ(良い人スイッチ)。プレゼントとカード用意する。あと、もう1人が、この間再就職したので、買っておいた再就職祝いの「スターウォーズてぬぐい」を忘れずに持っていく。

でも、場所が焼肉屋って、ちょっとー。確かに参加者は焼肉大好きな面子だとは知っているんですけど、私は肉食べないって決意したばっかりなんですけど。野菜とシーフードでも焼いておくか。


情報収集でお世話になったリンクとランキングです。
↓今日の書き込みがおもしろかったら、クリックしてやってください。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by ombres | 2010-08-16 22:43 | 仕事のこと

八月の暑い日

終戦記念日。
その日も暑い一日だったんだろうなあ。

2004年、オーストラリア出張で再会した元上司。
彼のお母様が乳がんになってしまったとのことで、数ヶ月前から色々相談メールをやり取りしていた。お母様の手術も成功し、リンパに転移もなく、これから術後放射線だそう。で、お母様のお見舞いに帰国してきたので、新横浜でちょこっとランチ。

お会いしたことないけど、お母様へのお見舞いのプレゼント。ルートートのエコバッグと、おしゃれな手ぬぐいにしてみた。ハンカチ代わりにも、ひざ掛けにもなるようなヤツ。術後は何かと気が滅入るから、ちょっと明るい気分になってくれるといい。

現地調達を頼んであったAesopのハンドクリーム、オイルなどをゲット。日本で買うと値段がびっくりするほど高い。Myerで買ってきてくれた。シドニーのデパート。懐かしい。

20年ほど前、通訳の仕事で3ヶ月ほど暮らした。通訳の仕事に行ったのに、最初の一週間は、彼らが何を言ってるんだか判らなくて困った。自分の英語は理解されるが、相手の英語がさっぱり判らない。単語の発音も違うし、イディオムも特異だったりして。うへぇ〜って感じで泣きそうだった。

その頃は、まだ「白人の国」という印象だった。アボリジニは隔離され、移民と言っても元ベトナム難民か、華僑が少々。少数派の有色人種である自分は、通りで知らない人に侮蔑的な言葉を言われたり、場違いなパブに入ってしまって、うそのように「シーン」とされた事などもあった。まあ、ついこの間まで、「白豪主義」やってた国だったんだから、仕方ない。すっかり気に入って移住しちゃった女友達もいたが、自分は余り好きになれなかった。それが、最近、行ってみて驚いた。タクシードライバーが中国本土からの移民だった。韓国系のおばちゃんが、駅のホームでのり巻き食べてた。有色人種、多数。すっかりカナダみたいな「移民の国」になっていた。まあ、「白人」達も、元々移民だったんだけど。しかも、流刑地だもんなあ。良く考えると、勝手に犯罪者どんどん送り込まれて、元々の人達はすごい迷惑な話。

「さっぱりした物が希望」とのことで、お蕎麦にしてみる。美味しいお蕎麦やさんなんて、シドニーには絶対ないだろうし。色々迷ったけど、野菜天ぷらザル蕎麦。私の食欲はすっかり復活。

お母様が、術後喘息になっちゃって咳ばっかりしており、心配とのこと。

肺がんかと思っちゃって、すっごく心配」

うわ、何とタイムリーな。
でも、手術前のCTで異常なかったなら、問題ないと思うと回答。でも、咳を治さないと今後の放射線が辛そうだな。じっとしてなきゃならないし。

今回、基本的に友人達には、転移のことは告げないポリシー。言っても心配させるだけ。後になって、「どうして教えてくれなかったんだろう?」と、悲しませないために、ターニングポイントになったら都度、情報開示していく予定。まだ大親友のT、カナダのKにしか話してない。母にも話してない。ずっと治療してきたし、特に詳しい治療法を教えていた訳でもないし、今までと余り実質的には変わりない。

カフェに移ってその後のお茶は、ケーキじゃなくて、マンゴシャーベットスムージーみたいなのにしとく。出来る限り、肉と乳製品は摂らないようにする。今までもなるべくそうしていたけど、これからも。

今後、何を続けていくか、何を止めるか、何を追加するか、行動評価をしていこうと思った。

続けること
・和食&野菜中心。油、塩、乳製品、飲酒を控える
・アロマテラピー、ハーブ茶(たまにではなく、頻繁に)
・マイタケエキス、青汁、豆乳
・表面活性剤を使っていない洗剤、オーガニック歯磨き粉

止めること
・早食い
・インスタントラーメン
・ジャンクなお菓子や、化学物質な物
(これらを100%絶つのはムリなので、ストレスのない程度に)

追加すること
・良く噛んで食べる
・にんにくサプリ(短期的にブーストしてみる)
・フローエッセンス(カナダ癌患者の必須品)
・ストレッチ、軽い運動、爪もみ、足の裏マッサージ(毎日)

一日10分でもいいので、ゆったりとした気分で、自分の体や心と向き合う時間を作る。努力して時間を作ってずっと続けてきたのに、最近は本当に忙しくて、全くやらなくなっていた。

進行ガンで予後不良一直線状態だった自分が、6年間も再発を免れたのは、今まで積み重ねてきた事に、何らかの抗癌効果があったからだろうと思われる。今までのライフスタイルは維持し、良さそうな事を加え、仕事は将来的にも少しセーブする方向でプランニングしてみよう。

…今日は暑いから、明日。
[PR]
by ombres | 2010-08-15 23:01 | 毎日

男前なボス

ボスと人事担当に話す。
ボスは日系米国人。部分的に英語になってた。今までも感情的になったり、日本語で上手く説明できなくなったりすると英語になってた。

「休みたいなら、休め。治療しながら働きたいなら、働け。何でも好きにしていい。何でもフルでサポートする。ただ、ムリはして欲しくない。いつ戻れるとか、何ができるとか、何も会社に約束なんてしなくていい。最優先事項は、治療。これからの予定が何も立たなくても、お前は今までも、これからも、ずっとチームの一員であることに変わりはない。どんな状態でも、いつでも、この会社には、お前に仕事なんていくらでもある」

…泣けた。
でも、人前で泣くのは私のスタイルではないので、泣きませんです。

でもね、寝たきりみたいになっちゃって、そんな治療が何年も続いたら、いくらボスが庇ってくれてもさすがにダメと思うんだよね。社内規定もありますし。でも、漠然とした不安を払拭する強い言葉は素晴らしい。さすが私のボス。

その後、人事とお話し。とりあえず3ヶ月で診断書もらったし、休ませてくれるのかと思ったら、「100%休むとボケちゃうから、在宅でマニュアル作るとか、マイペースで負担にならない範囲でたくさんできる事があるはずです。まず一ヶ月は有休で消化して、その時の体調によってまた考えましょう」

…?
でも、まあ、一ヶ月はお休みね。となると、その間、部下が孤児になるので、それぞれ一時的に里子に出す相談。やはり後ろ盾がないと、プロジェクト回すのがきついだろうし。そして、とりあえず、「お家の事情でしばらくお休み」とアナウンス出してもらう事にした。皆にも部下たちにも心配かけたくないので、そう言う事にしておく。詳しく話したがらないけど、親の介護?とでも思ってくれればいい。

でも、ハワイ行くよ。27日から4日まで。前から決めてたし。治療始まっちゃうとしばらく行けなくなるし。骨転移してても行く。脳転移だとムリかな。
[PR]
by ombres | 2010-08-14 00:35 | 仕事のこと

仕事どうする?

仕事どうする?

乳がんは、体調にもよるが、通院治療ができる運の良いガンの一つだ。
だから、病気を理由に、何も諦める事はないと思う。

例えば、20代であったなら仕事を諦めて療養しても、まだそれほど社会に自分を投資していないから、新しくまた一からやり直せるかもしれない。50代、60代なら、職場でそれなりに足場を築き、もう自分の地位が安定しているだろうから、少しくらい休んでも致命的にはならないかもしれない。また、そこそこ蓄えもあるだろうから、早めの隠居生活で第二の人生を楽しんでもいいかもしれない。

しかし、これが30代、40代だと話は別だ。簡単に捨てるには惜しい程度、仕事に自分を注ぎ込んできた。かと言って、まだ「盤石なキャリア」を積み、「安泰した地位」を築いた、という程度にまでには至っていない。仕事を諦めるにも隠居するにも、どちらにも中途半端なのだ。

だから諦めてはいけない。
自分が今まで築いて来たものを捨ててはいけない。

確かに、体も大事だけれど、今までずっと仕事が好きで打ち込んできた人間がそれを手放したら、そこには何も残らない。特に独身者の場合、社会との繋がりの基盤すら無くしてしまうかもしれない。また、女性は、一度辞めたら再就職が難しい年齢になっている(最近は、男性もだけど)。仕事がなければ収入がない。治療費すら稼げなくなってしまう。「収入がなくなる」…大富豪な人以外は、そのストレスには耐えられない。「社会の誰からも必要とされていない」…大富豪でもそのストレスには耐えられない。ましてや、か弱いがん患者が「貧乏&ぼっち攻撃」に耐えられるだろうか? 

ムリ。

ガンだけではなく、誰もがいずれは死に至る。糖尿病や高血圧、生まれつきの疾患を抱えながら、事故の後遺症に苦しみながらも普通の社会生活を営む人はたくさんいる。乳がんも、ある程度はそれが可能なガンではなかろうか。社会的にも、そして患者本人たちからも、ガンだけが「死にいたる病」としてやけに暗く深刻に受け止められているように見えるが、別にそんなに特別ではないと思う。「死に至らない人」などいないし、実は「死に至らない病」の方が少数派なのではないか、とさえ思う。

「ガン」ごときに、自分の生活をかき乱されたくないし、今後も、自分の欲しい物を何一つ諦める気はない…。だから、職場にも言わないで、仕事続ける訳なのさ。第一、病気バレすると気を遣われて、腫れ物を触るようにされて、海外出張や大事なプロジェクトからは間違いなく外されてしまうし、そうして閑職まっしぐらだし、リストラなんてあったら真っ先に槍玉だし。やなこった。

…と、初発の時は思っていたし、その通りに頑張ってやってきたけど、今回は遠慮なく休みを使わせてもらおうと思った。あの時より歳とって体力なくなっているし、あれだけ馬車馬のようにストレス満載状態で何年も再発しなかったガンが出てきてしまったという事は、最近、結構、色々な所が疲れているのだ。体がガンに負けてる。

すっきり休んで、仕事を忘れて、早寝早起きしたり、ガーデニングしたり、アロマしたり、散歩したり、料理作ったり、ヨガしたり、もうやりたかったのに忙しくてできなかった事を全部やろう。そして、体力を万全にして治療に臨もう。貯めていたDVDも見よう。元気なうちに旅行もしよう。…と夢は膨らむ。

会社が休ませてくれたらなんだけど。
「ガン」なので、たぶん大丈夫。ある意味、無敵。
[PR]
by ombres | 2010-08-12 20:00 | 仕事のこと

婦人科検査

年に一度の、けい癌と体癌の検査。
異常なさそう。

筋腫は2つあるけど、ホルモン治療で抑えられているのか、
大きくなってもいない。

四谷のクリニック。
上にミクニが入っている。
アンチエイジングプレートは、栄養のバランスが取れていて素晴らしい。
最近、食欲皆無だったけど、完食。

親友のTと、去年患者の仲間入りしたHさんとランチ。
Hさんが一通り治療終わって、職場復帰もした「全快祝い」。
ホルモン治療の副作用が色々あるとの話を聞く。

私の転移のことは、滅入らせてしまうだろうから伏せておく。

夜、主治医からメールと電話。
とりあえず、XC(ゼローダ&エンドキサン)で様子見ましょうとのこと。
脱毛は避けられないけど、点滴抗がん剤より副作用軽い。
しかし、きちんと「量」を入れなければいけない。

私は、ゼローダを再発防止のために、もう6年も飲んでいた。ゼローダは副作用が殆どない。脱毛もしないし、手足があれたり、間接痛、倦怠感がある程度。自分ががん患者であると忘れるくらい、全く普通の生活をしていた。でも、最近は、風邪のとき、出張の時、調子悪い時にはサボっていた。サボりへの戒めのように、転移が現れた。トホホ。

6年も続けたら耐性が付いてしまうのではないか?と謎だったが、
エンドキサン(シクロフォスファミド)が、ゼローダの酵素を誘導し、
もう何年も抑えられている患者さんもいるとのこと。

骨と脳に転移がなければ、とりあえず、治療法決定。17日に、また関西行って脳のMRI撮るので判明。関西までの通院は無理か、元の都内の病院に戻った方がいいか(そっちも結構遠いんだけど)、17日に話しましょうとのことに。

主治医曰く、これからは、時間の勝負、体力勝負になる。
乳がんは、打つ手がたくさんある方だが、体力が追いつかないとそれも使えない。自分の癌は、割と素直に治療に反応するタイプだろう。だから6年も眠っていた。また、騙して、眠らせる。一生続けていかねばならないが、薬を変えながら上手にコントロールできるはず。もちろん、仕事も、以前のようなペースでは無理だが、ストレスにならない程度で続けられる。

そうか…。

と、言うことは、これからは、一生ハゲなのか…。

転移や再発繰り返して亡くなった友達のOさんが、

「治療は頑張れる。だけどさ、もう自分は死ぬまでハゲなのかと思うと、ちょっと悲しい」

そうメールで書いてきたのが思い出された。
[PR]
by ombres | 2010-08-11 14:30 | 検査

PET・CT・骨シンチ

8/2
マーカー検査&診察:3,190円

8/4
提携外部クリニックでPET.CT: 29,650円

8/10
骨シンチ:15,100円
診断書:2,100円

さらに8/17に、同じ提携外部クリニックで脳MRI予定。

月ごとに、各病院(科)ごとに、自己負担額25,000円を越えた分は、会社の健康組合から戻ってくるハズ。時々、他の経費精算と一緒に謎の入金があるのだが、これ。年末に医療費免除申請する時にチェックすると、結構な金額になっている。だから、一つの病院で全部やれればたぶん戻りが大きくなるんだけど、外部クリニックの方が早いし、しかも画像が良い気がする。
[PR]
by ombres | 2010-08-10 22:45 | お金のこと