困った病気になっちゃったひとりぼっちな人のために


by ombres
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

デスクが汚い女

駐車場(日陰)から、会社の正面(日向)に向かうまで、アスファルトの照り返しもあり、推定気温42度。暑いにもほどがある。

業者さんのプリゼン2連発にミーティング。その間にデスク回りの片付け。「きっといつか使うだろうなあ」と思っていたけど使わなかった資料とかシュレッダーの箱に。珍しく真剣に整理整頓する。なぜなら、万が一、このまま復職できなかったら、私は、「デスクにカップラーメンのストックが積み重ねてあった女」「菓子の袋が散らばっていた女」「修正液ペンを無意味に5本も溜め込んでいた女」と、非常にネガティブなイメージで人々の記憶に残る事になってしまう。それだけは避けたい。

「汚いデスクはダメな心の表れ」だと思うから、いつもきちんと整頓されたデスクを心がけていた…。けど、忙しさの余り、いつしかメチャクチャになってしまっていた。埃もすごい。

…さらに色々な物が出てくる。「きっといつか何かに使うだろうなあ」と思っていたけど全く使われなかった、空き箱、缶、リボン、ひも、ハギレ、包装紙、チラシ、古いカレンダー、意味不明のメモ等。お婆ちゃんの溜め込み風味? 全部捨てます。

明日は関西の病院。
外部クリニックでMRI撮ってデータもらって、病院行って骨シンチの結果も確認。

もうこうなったら何でも来いって感じ。何が出ても驚かない。どーんと行くしかない。ついでに転院のお願い。3ヶ月に一度だったら良かったけど、ケモであそこまで通うのはやっぱりムリだ。ちょっと寂しい。通院のついでに、年に4回、京都で遊んだ。友達と泊まりで出かけ、桜や紅葉を見たり、錦市場で買い物したり、美味しい物食べた。ずっとずっと、このままで、このペースで通っていたかった。けど、おしまい。先生、お世話になりました。データをCDでもらえるよう、親友Tが画策してくれた。

病院で、話が済んだらその後は、ちょこっと地元の業者さんと打ち合わせして、夜は偶然京都に遊びに行ってる乳がん友Jさんとご飯の予定。その後、大阪へ。水曜日は朝7時から本国チームと電話会議。日本の担当者が英語余り得意ではなく、捨て犬のように潤んだ目をしていたので、援護射撃のため入ることにした。朝早いのでホテルから。それから大阪のセンターに出社し、現地の業者さんプリゼン3連発。この日は、早めにあがって、いつも行くイタリアンでも行こう。木曜日は、業者決定して、承認とって、発注かけて、しばらく自分がいなくなっても関西のプロジェクトが回るよう調整して、夜、東京帰ってきて、転勤する元欧州企業の友人のお別れ会。

病気になってから、体力温存するようにしていて、普通、余り予定は詰めないし、出張の後に遊びは絶対に入れないんだけど、今回は特別。もういつ会えるか判らないんだし。(ここで、「私は死ぬかもだから、もう二度とないかも的アクティブ・モティベーション」を発動させる)

転勤しちゃう彼女は、私の抗がん剤&ヅラ時代、一番近くで働いていた。観察力も優れていたので、もしかしたらヅラだと気付いていたんじゃないかと思う。どう思っていたのか、一度も尋ねてないし、本人もそんな事は口にしないから判らない。でも、たぶんね。眉毛や睫毛もないんだし、ちょっと変だって思うよね。なんとなーく。

でも、まあ、身内や自分の「抜けザマ」を間近で見ていた人でないと、そこでいきなり「抗がん剤かも?!」なんて推理はしないか。…そう考えると、他人には案外バレないものなのかもな。

いや、そうではない。私の病人生活は、自分ひとりが頑張ってきたようなつもりになっていたけど、実は、良い人たちの善意でこっそりと支えられていたのかもしれない。きっとそうだ(良い人スイッチ)。プレゼントとカード用意する。あと、もう1人が、この間再就職したので、買っておいた再就職祝いの「スターウォーズてぬぐい」を忘れずに持っていく。

でも、場所が焼肉屋って、ちょっとー。確かに参加者は焼肉大好きな面子だとは知っているんですけど、私は肉食べないって決意したばっかりなんですけど。野菜とシーフードでも焼いておくか。


情報収集でお世話になったリンクとランキングです。
↓今日の書き込みがおもしろかったら、クリックしてやってください。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
[PR]
by ombres | 2010-08-16 22:43 | 仕事のこと