困った病気になっちゃったひとりぼっちな人のために


by ombres
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

男前なボス

ボスと人事担当に話す。
ボスは日系米国人。部分的に英語になってた。今までも感情的になったり、日本語で上手く説明できなくなったりすると英語になってた。

「休みたいなら、休め。治療しながら働きたいなら、働け。何でも好きにしていい。何でもフルでサポートする。ただ、ムリはして欲しくない。いつ戻れるとか、何ができるとか、何も会社に約束なんてしなくていい。最優先事項は、治療。これからの予定が何も立たなくても、お前は今までも、これからも、ずっとチームの一員であることに変わりはない。どんな状態でも、いつでも、この会社には、お前に仕事なんていくらでもある」

…泣けた。
でも、人前で泣くのは私のスタイルではないので、泣きませんです。

でもね、寝たきりみたいになっちゃって、そんな治療が何年も続いたら、いくらボスが庇ってくれてもさすがにダメと思うんだよね。社内規定もありますし。でも、漠然とした不安を払拭する強い言葉は素晴らしい。さすが私のボス。

その後、人事とお話し。とりあえず3ヶ月で診断書もらったし、休ませてくれるのかと思ったら、「100%休むとボケちゃうから、在宅でマニュアル作るとか、マイペースで負担にならない範囲でたくさんできる事があるはずです。まず一ヶ月は有休で消化して、その時の体調によってまた考えましょう」

…?
でも、まあ、一ヶ月はお休みね。となると、その間、部下が孤児になるので、それぞれ一時的に里子に出す相談。やはり後ろ盾がないと、プロジェクト回すのがきついだろうし。そして、とりあえず、「お家の事情でしばらくお休み」とアナウンス出してもらう事にした。皆にも部下たちにも心配かけたくないので、そう言う事にしておく。詳しく話したがらないけど、親の介護?とでも思ってくれればいい。

でも、ハワイ行くよ。27日から4日まで。前から決めてたし。治療始まっちゃうとしばらく行けなくなるし。骨転移してても行く。脳転移だとムリかな。
[PR]
by ombres | 2010-08-14 00:35 | 仕事のこと