困った病気になっちゃったひとりぼっちな人のために


by ombres
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

告知に至る道(2)

朝から夜まで、仕事に打ち込んでみる。
私の仕事は、日々、アメリカ本社のお馬鹿チームと動作不安定な専用ツールに振り回され、「プロセス」もマニュアルもない。業務分析が好きな私には我慢ならない状況だった。でも、日々回さなければいけない業務で忙しく、そのような基礎的管理的業務に費やす時間が昨年はなかった。



幸い、私もアシスタントさん達も業務に慣れてきて、少々余裕が出てきた。私の今年の上四半期の予定は、ツール&プロセスマニュアルを完備し、トレーニングマニュアルも作成し、作業を誰にでもできるよう効率化&標準化することだった。アクセスデータを整理して、ちょっと戦略的な資料を作成しようとも考えていた。また、アシスタントさん達の仕事がそろそろルーティンになってきていたので、モティベーション刺激のため、毎週何か新しいことを一つトレーニングしていこうと計画もしていた。 

彼女達には「仕事」を好きになって欲しかった。業務そのものは退屈でも、それを通じて何かを学び、習得していく過程が齎す満足感を得て欲しかった。自分で目標を設置し、一つ一つそれをクリアしていく楽しみを知って欲しかった。しかし、今週の予定からまず崩れてしまったので、それどころではなくなってしまった。Lさんから頼まれた契約関連の仕事もあったので、残業する。

元日本企業&外資の社長で、今は相談役をしているZさんから食事のお誘いがあった。同僚のUさんも一緒。ハイヤットのお寿司屋さんで、好きなものを食べさせてもらった。Zさんは世界を渡って日本製品を売り込む仕事をしていた、そう、まるで「『プロジェクトX』の男達」みたいな経験をしているので、話はいつも面白い。

職場の皆さんのお陰で、ちょっと気が紛れた。しかし、その日のプライベート使用のメーラーを見ると一通も発信していない。この日も、ふて腐れて早寝したらしい。数日前から胃が痛むのも気になっていた。

「もしかして、これもガンのせい?」…と、何でもかんでも、「ガン」とリンクして納得してみた。
[PR]
by ombres | 2004-01-15 00:00 | 告知に至る道